こんな家が建てられる!こだわり派必見のかわいい家が満載!

外観

写真でチェック!お城のような家カタログ・外観編

誰しも「お城のような家に住んでみたい!」という想いをもったことがあるでしょう。そんな夢のような想いを実現できるのが、家づくりのプロフェッショナルたち。熟練の技術で数々の海外にある城のような住まいを現実のものとしてきました。こちらのページでは、そういった業者たちがこれまで建ててきた家の実例をご紹介しています。

これから夢のような住まいを建てようと考えている方は、ぜひ、参考にしてみてください。きっと、お目当てのプロフェッショナルたちに出会えるはずです。

可愛さと威風堂々とした趣があるアメリカンカントリーハウス

お城のような家カタログ・外観編1
※画像引用元:ドリームステージ
<http://flowerhome.co.jp/works/>

アメリカの伝統的なカントリーハウスをベースにした住まい。白い壁と青い屋根というシンプルでありながら清潔感のある表情、そして可愛さと共に堂々とした趣があふれており、まるでおとぎ話の世界から飛び出してきたような、魅力があふれるオンリーワンな家に仕上がっています。

 

落ち着いた雰囲気と収納スペースの広さが目を引く家

お城のような家カタログ・外観編3
※画像引用元:クライムホーム
<http://climb-home.jp/gallery/28.html>

煙突が印象的なヨーロッパスタイルの住まい。白い壁とブラウンの屋根が、落ち着いた雰囲気と清潔感を感じさせてくれます。家のなかも同じく白で統一されており、子育てに十分な広さを実感。そして何より目を引くのは、その収納の多さ。各部屋はもちろんのことリビングやキッチンなどにもたくさんの収納スペースがあるので、さらに広さを確保することができます。

 

自然に溶け込むような一体感を実感できる家

お城のような家カタログ・外観編4
※画像引用元:レジェンダリーホーム
<http://legendary-home.com/gallery>

南フランスでよく見られるプロヴァンス風のお城のような住まいです。外壁は自然な肌色。ガレージはレンガを使用することで、周囲の自然と一体感のある趣を醸し出しています。歳月を重ねるほどに、その価値が高まっていくように全体に無垢材を使用。まさに職人の腕が冴えわたる家に仕上がっています。

 

ピンク色が印象的なまさに現代のお城のような家

【カフェみたいな家・外観】ガレージのあるカリフォルニアを思わせる家
※画像引用元:アーデンホーム
<http://www.arden.co.jp/works/>

ピンクの塗り壁に白いバルコニーがあるまさに優雅なお城のような住まい。2階から1階にかけてはダイナミックな吹き抜けがあり、開放感のあふれる生活空間を演出しています。キッチンの壁も個性的なピンク色に仕上がっていますが、家族団らんの場であるリビングは白い壁に統一するなど、場所ごとに色を使い分けているのも大きな特徴です。

外観命! 施主のこだわりがつまった家

お城のような家カタログ・外観編6
※画像引用元:ロビンスジャパン
<http://suumo.jp/chumon/koumuten/rn_archph/140673_0001_12/jitsurei/jc_0027/>

淡いブルーの外壁をしているこちらの住まいは、エンピツ型の塔屋根が印象的な住まい。よく見ると張り出し部分にはレンガタイルが使用されており、個性的で高級感のあふれるお城のような雰囲気を醸し出しています。施主のこだわりとして、部屋ごとにちがうシャンデリアが取り付けられているのも大きなポイントの一つ。さわやかな太陽の光が複数の窓から降り注ぐ、理想的なお城のような住まいに仕上がりました。

あたたかみのある現代のお城が完成

お城のような家カタログ・外観編7
※画像引用元:アートクラフト
<http://www.craft-a.net/works/house_detail.html?id=1306280001>

まさに中世のお城をそのまま持ってきたかのような住まいとなっています。建物の両側を丸みがある円筒状にすることで、全体の雰囲気が柔らかくなりました。さらに外壁の色をあたたかみがある白にすることで清潔感を演出しています。建物の素材には無垢材や珪藻土を使用。屋内は吹き抜けを作ることで開放感のある住み心地になりました。

遠くイギリスの地からやってきたブルーのお城のような家

お城のような家カタログ・外観編8
※画像引用元:古川工務店
<http://www.bruce-sakado.co.jp/style/queen_anne.html>

壁にペールブルーとグレーの石材を使用。窓枠を白くすることで個性的でひときわ目を引きつける住まいが誕生しました。玄関に通じているバラのゲートをくぐると、施主がこだわっている花々がお出迎え。ガーデンスペースには椅子が設置してあり、手入れの行き届いた庭を存分に楽しめます。屋内もまるでお姫さまが住んでいるかのような豪華絢爛なつくりになっています。

数世紀にもわたって語り継がれてきたオールドプロヴァンスの豪華な家

お城のような家カタログ・外観編9
※画像引用元:ブルースホーム久喜
<http://urban-home.net/execution2/old_provence/8.html>

南フランスの古民家をモチーフにしながら、お城のような仕上がりになった黄色い塗り壁が印象程な住まい。まるでおとぎ話から飛び出してきたような雰囲気をもったうつくしさをもっています。一つ一つの部屋もじつに豪華。お客さんがきても手厚く迎えられるテーブルがある来賓室。どんな料理でも対応できる大きなキッチン。シャンデリアが印象的なリビングなど、まさに豪華絢爛な住み心地を堪能できます。

開放感のある吹き抜けと自然であたたかみのある壁が印象的な家

お城のような家カタログ・外観編10
※画像引用元:古川工務店
<http://climb-home.jp/gallery/22.html>

あたたかみのあるブラウンの壁が印象に残る住まい。大きな吹き抜けがあり開放感あふれる生活空間をつくっています。内部もシンプルな白で統一。要所ごとに木材の素材をそのまま使用することで、自然なアクセントになっています。家族がゆったりと過ごすことができるリビングはもちろん、和室も完備されており、住み心地のよい生活を送ることができます。

すてきな夢がつまった
お城のような家を実現するためには

せっかく家族のために家を建てるのであれば「他とはちがった個性的な住まいを建ててみたい!」と考える人もいるでしょう。もちろん、住まいは家族が納得しているのであれば、どんな家を建てようが自由。思う存分に願いを叶えてください!

しかし、このページで紹介した家を現実のものとするためには、通常の家づくりではむずかしいでしょう

まず何より、こうした西洋建築を得意としている業者にお願いする必要があります。このような業者は、過去の経験から建築費用で必要なもの、不必要なものを取捨選択する技術を習得しており、適切なプランを考えるアドバイスも豊富にもらうことができます。あらかじめにいくつかの業者をピックアップしておき、どの程度の規模の予算がかかるのかを相談したり、合い見積もりを出したりして、チェックしておくことが何よりも重要になってくるでしょう。

また、一般的な住宅と比べると期間もある程度の長さが必要になってきます。綿密にスケージュリングを行い、余裕をもって入居できるようにしておくといいでしょう。

あの夢のお城を現実に運んでくれる業者はこちらをチェック!

※このサイトはかわいい家づくりをしたい人のために、情報をリサーチしまとめたサイトです。
最新の情報や詳細は、各公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP