こんな家が建てられる!こだわり派必見のかわいい家が満載!

HOME » かわいい家づくりのヒント【輸入住宅に注目!】

かわいい家づくりのヒント【輸入住宅に注目!】

輸入住宅とは?

そろそろ住宅を購入したいと考えている方に、おすすめしたいのが輸入住宅。日本では見られないような特徴的で素敵なデザインが大きな魅力で、外国映画のワンシーンに出てくるようなかわいい佇まいは、必ず小さな子供にも喜ばれるでしょう。

そもそも輸入住宅というのは、海外で培われた設計方法を基に資材を輸入し、それを日本で建築する住宅のこと。設計そのものが欧米風のため、外観だけでなく内装に至るすべての面において、洗練されたデザインが施されています。ほかの家とは少し違った自分らしい家を作りたいと考えている方には、輸入住宅は最適といえるでしょう。

外観は、年月がたっても飽きが来ないクラシックなものが多く、流行に左右される日本の住宅とは違った趣があります。北米調の総レンガ造りの住宅や、屋根裏部屋の小窓を思わせるドーマー窓を施した住宅、まるでリゾート地の別荘のような住宅など様々なデザインがある点もポイントの一つです。室内のレイアウトも、個室で区切る日本従来のレイアウトとは違い、広々とした空間を機能的に使えるようデザインされているのも特徴的。室内装飾にもこだわりのあるデザインが多く、デザイン性を重視する女性にはとても魅力的な住宅です。

家づくりにとことんこだわりたい人のために、お家選びから、家具・雑貨などのインテリアで失敗しないためのポイントを3つにまとめています。

かわいい家づくりへの3つの道しるべ

その1 輸入住宅に注目してみる

こだわりのいくお家を叶えるために大切なことは、まず自分たちの求めているイメージをはっきりと定めること。そのためにまず、たくさんの家の施工例を見てみるのがおすすめです。どのような家が自分たちの理想に近いか、自分たちだったらもっとこんな家がいい!という希望を出しやすくなります。

伝統的な和風建築も趣があって魅力的ですが、「かわいい家」をお望みならば、やはり輸入住宅がおすすめ。輸入住宅と一口に言っても、ヨーロッパ系、北米系、アジア系等いくつかの系統に分かれますが、どのスタイルも100年以上にわたって受け継がれてきた伝統的なスタイルが特徴的。ハウスメーカーによって得意とするテイストがあるため、イメージに近い系統の輸入住宅会社のホームページなどから、施工例の写真などを見てみると良いでしょう。

その2 設計段階から家具の置き方をイメージすること

気にいったハウスメーカーが見つかり、いよいよ本格的に家の設計を行う段階で実は重要なのが、新しい家にどのような家具を置くかということ。家具やインテリアに関しては、「家ができてから考えればよい」と思いがちですが、あらかじめどこにどのような家具を置くかイメージしておくことで、間取りはもちろん、コンセントや各種スイッチ、水周りなどの配置をより使い勝手の良いようにカスタマイズすることができます。例えば以下のようなケースが考えられます。

  • これまでの家具を使う場合…設計段階から家具のサイズや、どこにおきたいかを相談するのがおすすめです。
  • 家具を作りつけにする場合…「見せない収納」で部屋をスッキリ見せられます。ただし、棚などを作りつけにすると、後に模様替えしたくなった場合に不便が生じる際もあるため注意が必要です。
  • 新しく家具を購入する場合…家具を新しくする場合は、これから作る新居のイメージに合わせたぴったりなものをそろえることができます。特に大きな家具は長く使うものですので、シンプルで丈夫なものを、自分の目で見て選ぶ事がポイントと言えます。

その3 雑貨はテーマを絞ってそろえること

ナチュラルでかわいいインテリア作りに欠かせないのが、照明や小物、植物などをはじめとした雑貨類。ナチュラルテイストの家づくりを目指す場合は、壁や床、収納や大きな家具などは白やベージュを基調としたシンプルなものを選ぶのが基本。そこへどのような雑貨を置くかによって、シンプルナチュラル、ナチュラルモダン、北欧ナチュラル、アジアンナチュラルなどの様々な個性をプラスすることができます。

ここでポイントとなるのが、別々のテイストを混在させないこと!1つ1つの雑貨を見るとどれもかわいく、ついつい家の中に取り入れたくなってしまいますが、例えばフレンチテイストのものとアジアンテイストのものを両方インテリアに取り入れてしまうと、ごちゃごちゃした印象になってしまう恐れがあります。

いくつかのテイストを絶妙にミックスさせて統一感を出すという上級者テクニックもありますが、まずは、1つ基準となるテイストを決め、雑貨類はそのテイストにそろえることでインテリアが格段におしゃれになります。

輸入住宅を購入するメリット

ここまで、輸入住宅の特徴について解説してきましたが、それでは建てるメリットやデメリットにはどのようなことが挙げられるでしょうか?

メリット

輸入住宅のメリットとして、構造の点で床や壁、天井といった面を支える2×4工法などが使われているため、日本家屋のように柱で支えるよりも耐震性に優れていることが挙げられます。面を組み合わせて作るため、気密性が高く断熱性に優れていることも魅力的です。また、何世代にも渡って生活することを前提に建てられる欧米の住宅は、耐久性や耐火性に優れた素材が使われているので、子や孫に受け継いでいきたいという考えをお持ちなら、最適の住宅といえるでしょう。

デメリット

設備の故障や破損などが起こった場合に、対応に少し時間がかかってしまうことがあります。しかしこの場合、アフターフォローのしっかりした建設業者などと契約しておけば、それほど心配することはありません。他に外観や内装に似合う家具を探すのが大変というデメリットもありますが、家具は専門店などでアドバイスを受けることで、自分の家にあったものを見つけ出すことができます。

購入時に注意しておきたいのが、海外で使われている資材が日本の基準にあっているかどうかという点です。日本の基準にあっていない場合、最悪建設ができないということも起こりうるので、気を付けておきましょう。建設期間に関しても、資材の調達が船便などで送られてくるため、余裕を持ったスケジュールをたてておくことが求められます。資材の在庫などについては、事前に確認しておくとよいでしょう。また、工期の遅れを生じさせるような細かな仕様変更は、出来るだけ事前に十分検討しておき、スムーズに工期が進むよう確認しておくことをおすすめします。

ポイント! 輸入住宅と国産住宅の違い
これまでのことで分かる通り、輸入住宅と国産住宅の決定的な違いは「資材」となります。国産住宅の場合には性能面を重点とした資材が使われることが多い傾向にありますが、輸入住宅ではデザイン性に比重を置いた資材が使われる場合があります。しかし、日本では建築基準法に則った資材や工法で家づくりを行わなければなりませんので、資材選びにはある程度の制約がかかってきてしまうことを覚えておきましょう。そのための基準となるのが「JAS規格」。これは日本農林水産省の基準をクリアしている資材などに与えられるものです。ただし、アメリカなどの海外にも同様のものがあり、相互に認証が実施されているものであれば、資材として使用することは可能です。また、輸入された資材を窓やドアに使用する場合、防火性能のテストをクリアした輸入材であれば問題なく住まいの一部として使うことができる場合もあります。逆をいえば、このような規格や規制などに適合していなければ、その資材は住まいに使うことはできません。輸入住宅を建てるためには、ハウスメーカーがどのような資材を使って家づくりをしているかも、注意しておくといいでしょう。

輸入住宅は、優れたデザイン性だけでなく機能や構造面においても様々な価値があります。これから住宅購入を考えている方は、マイホームの選択肢の一つとしてぜひとも考慮してみてはいかがでしょうか。

木の温かみのある広々とした空間で、外国映画のようなスタイリッシュな生活を楽しめる輸入住宅は、家族みんなが楽しめる、素敵なお城のような住空間です。オリジナリティ溢れる欧米風の外観デザインは、周りの人から羨ましがられるだけでなく、参考にしようと注目される存在になるかもしれません。

住宅購入は、人生にとっても一大イベントの一つです。十分に検討し、間違いのないようじっくりと考えて購入することが求められます。その選択の際には、輸入住宅という選択肢もぜひ考慮してみてください。

※このサイトはかわいい家づくりをしたい人のために、情報をリサーチしまとめたサイトです。
最新の情報や詳細は、各公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP