こんな家が建てられる!こだわり派必見のかわいい家が満載!

2.展示場へ行く

かわいくてナチュラルな家を建てるのに最適なハウスメーカー探し。展示場の回り方や注意点を紹介しています。

住宅展示場でマイホームの具体的なイメージを

かわいくおしゃれな輸入住宅の展示場一覧

住宅展示場を見学する時に注意したい8つのポイント

住宅展示場でマイホームの具体的なイメージを

ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティーク調の家、とにかくかわいい家――家に対する理想は人ぞれぞれです。自身の希望通りの家を作るためにも、理想の住まいの特徴をきちんと把握する必要があり、そのためには実際に多くの事例を見ておくことが大切だと言えます。住宅展示場に出向き、マイホームのイメージやアイデアを自身の中で確立させることが理想の家を作るベースとなります。

まずは好みの住宅を取り扱う展示場をリサーチ

実際も事例を確認するためには、住宅展示場(輸入住宅系も含む)の見学がおすすめです。住宅展示場は複数企業が協賛し、1つの会場でさまざまな種類の家を見学することができます。そのため、自身の趣向に合った見学場所を選定できるかもポイントとなるのです。

最近では展示場の情報がインターネットにも掲載されているので、事前に調べて自分好みの展示場を見つけておきましょう。また展示場は住宅の専門家と意見交換できる絶好の機会ですが、さまざまな箇所を見て回るのは時間的に非常に厳しいものがあります。そのため、あらかじめ理想の家に近いハウスメーカーを事前に調べておく方が効率的です。

住宅展示場に行く際はここをチェック

住宅展示場に行く時には持ち物の準備も万全にしておきましょう。持参する物はカメラ(スマホ)や筆記器具・ノート・紙袋や鞄(書類をもらった場合)・メジャーなどになります。行く前には家族会議をして、皆の希望を聞いて理想のマイホームについての擦り合わせをしておきましょう。

いざ展示場に行った際のチェックポイントとしては、間取りや採光、塗料などの匂い、バリアフリー対応の有無、掃除やメンテナンスのしやすさ、家事動線・水まわり動線、収納、気密性や断熱性・遮音性、耐震性などになります。特に重要となる気密性・断熱性・遮音性・耐震性に関する詳細は、展示場のスタッフから説明を受けるようにしましょう。

展示場でのチェックポイント

  • 間取り
  • 明るさ
  • 匂い
  • バリアフリー(段差、手すり、すべりにくさなど)
  • 掃除のしやすさ
  • 家事動線の良さ
  • 収納
  • 気密性、断熱性
  • 遮音性
  • 耐震性

展示場見学の際の持ちもの

  • カメラ…内装やキッチン周り、水周りなど気になる点を撮影しておくため
  • 筆記用具・ノート…見学の際に気がついた点、営業スタッフに質問した内容などを書き留めておく
  • 大きめのかばん・紙袋…展示場でもらう書類などをしまえるもの
  • メジャー…階段の幅や玄関の大きさ、キッチンの高さなどを計っておくと、実際に設計する際に役立つ

展示場に行く前に

  • 家族1人1人の希望を聞いて書き出しておく
  • それぞれの希望について優先順位を決めておく

かわいくおしゃれな輸入住宅の展示場一覧

住宅展示場にはさまざまな種類がありますが、中でもおしゃれな展示場を厳選してこちらでご紹介します。

デザインハウス・エフ

デザイン・エフのサイトキャプチャ画像

無垢天然木、漆喰の塗り壁、素焼き瓦といった自然素材をふんだんに使った安全安心な住宅を提供している住宅展示場。輸入住宅専門メーカーであり、デザインもナチュラル・カントリー・南欧スタイルなどが代表的スタイルです。モデルハウスは埼玉県鶴ヶ島市と入間市にあります。

モデルハウス

  • 埼玉県鶴ヶ島市脚折1484-41(プロヴァンススタイル)
  • 埼玉県入間市東町1-4-8 4713号棟(カントリースタイル)

デザインハウス・エフの公式サイトをチェック

ライン

BRUCE HOME 久喜

ブルースホーム久喜のサイトキャプチャ画像

オレゴン風、フレンチ風、南仏プロヴァンス風、北米風、アンティーク風の5つの輸入住宅を提案している会社です。

オレゴン、フレンチ、南仏プロヴァンス、北米、アンティークの5種類の輸入住宅を提供。上品で華やかな雰囲気のまるでリゾートホテルのようなデザインが特徴です。見た目だけでなく、耐震性や高気密・高断熱の作りも定評があります。モデルハウスの所在地は埼玉県久喜市。

モデルハウス

  • 埼玉県久喜市菖蒲町三箇展示場(プロヴァンススタイル、北欧スタイル)

BRUCE HOME久喜の公式サイトをチェック

ライン

スウェーデンハウス

スウェーデンハウスのサイトキャプチャ画像

冬は極寒の北欧の家は、伝統的工法により作られた高気密・高断熱住宅で知られています。木材のテイストがやさしく、北欧テキスタイルが使われたポップ調の色使いも人気。特に日本の風土とも馴染みやすいので日本全国でも支持されています。モデルハウスは埼玉県さいたま市を中心に複数展開しています。

モデルハウス

  • 埼玉県さいたま市中央区本町西5-111 (さいたまハウジングパーク総合住宅展示場)
  • 埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4-264-1 (さいたま新都心コクーンシティ住宅展示場)
  • 埼玉県川口市坂下町1-5-8 (川口・鳩ヶ谷住宅公園)ほか多数

スウェーデンハウスの公式サイトをチェック

住宅展示場を見学する時に注意したい8つのポイント

住宅展示場に関するさまざまな情報をお伝えしてきましたが、会場では思い通りに見学できないケースもあります。せっかく時間を作って見学に行くので、「あれも見たい」「これも見たい」とならないようにポイントを絞って効率的に回りたいものです。住宅展示場見学において意識すべきポイントは以下の8つです。

1.見学先についての事前リサーチは必須事項

会場での時間を意義深いものにするためにも、見学したいエリアの情報を事前に整理しておくとよいでしょう。CMやチラシなどで事前に好みの家を絞り込んでおくことをおすすめします。実際に見学する際には営業マンの説明に対しても写真を撮る、メモするなどして記録に残しておきましょう。持参したメジャー(忘れても展示場にあります)でサイズを測っておくのもおすすめです。

2.住宅に関するセミナーは積極的に活用しましょう

会場での時間を意義深いものにするためにも、見学したいエリアの情報を事前に整理しておくとよいでしょう。CMやチラシなどで事前に好みの家を絞り込んでおくことをおすすめします。実際に見学する際には営業マンの説明に対しても写真を撮る、メモするなどして記録に残しておきましょう。持参したメジャー(忘れても展示場にあります)でサイズを測っておくのもおすすめです。

3.相性の良い営業マンをキープしておきましょう

住宅展示場にいる営業マンも色々なタイプの方がいます。営業マンは家づくりそのものをフォローしてくれる存在であり、もし契約が成立したらその営業マンが担当者になることも覚えておきましょう。そうなると営業マンとも長い付き合いになるので、自身との相性もしっかり見極めておく必要があります。「話しやすい」「わかりやすい」営業マンであることが大切です。

4.目に見えない部分に関して質問してみる

日本は地震大国であるため、住宅の強度や耐震性を重視する方が近年増加傾向にあります。そこで見た目の間取り、インテリアだけでなく構造についても質問する人も珍しい存在ではなくなりました。誠実な営業マンなら納得いく説明をしてくれるはずなので、不明点や疑問点があったら、その場で解消することを心がけましょう。

5.アンケートにすべて回答する必要はない

来場者アンケートを求められることがほとんどですが、すぐに記入する必要はありません。一度見学して、検討中の1つとして考えるなら全部に記入するのも良いでしょう。まだ検討中なら全部でなくメールアドレスまででも構わないことを覚えておきましょう。

6.室内は色々な角度からチェックしてみましょう

展示場を見学した時にぜひ見てもらいたいチェック項目は、多くの展示場にセッティングされている素敵な家具です。それらは演出のために設置されているのではなく、実際に座ったり、触れたり、生活目線での確認を目的としています。見て回るだけでなく、座ったり、触れたりして目線を変えてチェックしてみてください。

7.泊まれるモデルハウスを活用しよう

展示場の中には実際に体験宿泊ができるモデルハウスがあります。それは積極的に家族で活用してみましょう。実際に宿泊することで細かい部分までチェックすることができ、計測したいところも気にすることなく調べることができます。断熱性チェックのために夏場や冬場などの時期に行くのもおすすめです。

8.展示場モデルハウスはオプションが多いので注意!

住宅展示場はいわばハウスメーカーの最高のプレゼン会場です。そのため、演出も華美にされていることも少なくありません。特にキッチンやバスルームなどの水まわりは標準設備でなくオプションであるケースも多くなります。そのため、気になった際は標準かオプションかどうかを質問することも大切です。予算内で希望通りの家を作るためには、無駄を削減する必要があります。その際に必要のないオプションはカットしたうえでプラン立てすることをおすすめします。

※このサイトはかわいい家づくりをしたい人のために、情報をリサーチしまとめたサイトです。
最新の情報や詳細は、各公式ホームページをご確認ください。

PAGE TOP