facebook
ナチュラルな家 注文住宅カタログ » かわいい家づくりのヒント【輸入住宅に注目!】 » 輸入住宅の価格

輸入住宅の価格

輸入の注文住宅イメージ画像

きっと1度は憧れたことのある人もいるであろう「輸入住宅」。
海外から住宅に使用する建材などを輸入して、デザイン性のある家にしたり、時には海外の映画のワンシーンに出てくるようなお家を建てることもできます。

一度作ったら一生そこに住むと言っても過言ではありません。

ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家など、自分にぴったり合うお家を建てませんか?

今回は、ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家を作るために知っておきたい、輸入住宅の価格の変化についてお伝えします。

輸入住宅の価格は変化することもある

住宅は私たちの生活に欠かせないものです。
最近では海外の住宅にあこがれを頂く方も多くなり、「輸入住宅」がどんどん人気を集めています。

しかし時代の変化につれて建築方法も変わり価格帯も変化していくため、事前に購入を決定した後に家が完成するまでに掲示されていた価格と、完成後の掲示価格が異なってしまうというケースが多いようです。

これを「為替レートの変動」といいます。

かわいい理想の家実現のためにも、家に使用する建材に十分こだわる人も多いはず。しかし場合によっては為替レートの変動により、予想していた金額よりも大幅に上回り、予算オーバーに繋がってしまうケースも少なくありません。

そのため余裕を持った価格見積もりを行ったうえで、ハウスメーカー・工務店の担当者と相談することが非常に重要になってきます。

輸入住宅の価格変化にもっとも影響するものは?

ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家…。

これらを実現させる為にも、やはり「輸入住宅」についてもっと知っておくべきです。

そこで輸入住宅の価格変化にもっとも影響していくものなどについて、お伝えしていこうかと思います。

円高・円安

株価のイメージ画像

2000年以降から、だんだんと日本でも輸入住宅を見る機会が増えました。

2000年以降の円相場は1ドル102円~125円でした。その前の円相場というのは、1985年代で、1ドル220円。徐々に、円高が進んでいる傾向にあります。

輸入住宅で使用する建材というのは、海外から輸入しています。これによって、円相場というのは大きく影響してくるのです。

円高になればなるほど、建材の価格は安くなりますし、円安になればなるほど、価格は高くなってしまいます。

建築工事職人の人件費

いくら自分が理想とする、ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家をつくりたいと思っていても、それらを作ってくれる大工さんがいなければ意味がありません。

まず輸入住宅は、日本の住宅を建築する方法と大きく異なります。

例えば、柱などを筋交いで、強度を保つ「木造軸組工法」とは異なり、外国独自のつくり方があるそうなのです。

しかし2000年以降からは、数多くの輸入住宅があるわけですから、建築方法なども発達してきています。

過去は「輸入住宅だから、人件費がかかってしまう」という感じだったのですが、ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家と希望する家の雰囲気や外観、構造などで、人件費も大きく変わってくると言えるでしょう。

輸入住宅「大手」「それ以外」の違い

輸入住宅を建築するためにも、まず気になるのが価格。 価格も「大手」あるいは「それ以外」のハウスメーカーであるかによって、大きく変わってきます。

大手である「住友不動産」「三井ホーム」などは、輸入住宅を多く取り扱っています。 また輸入住宅以外の事業でも売り上げがあるため、営業が極端にしつこくなかったりなど、丁寧な接客を心がけているようです。

また費用も比較的に検討しやすい価格かと思います。ナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家と、自分好みの家をつくりたいと思うのであれば、費用的にも検討しやすい価格がいいですよね。

また、大手ではなく「それ以外」に当てはまるハウスメーカーには、「スウェーデンハウス」「東急ホームズ」などがあります。

特にスウェーデンハウスでは、設計士の方がナチュラルな家、カフェみたいな家、雑貨が似合う家、アンティークな家、かわいい家といった依頼に合わせて、設計してくれます。

大手と比べると少し価格は高くなりますが、事前に全体的なイメージなどを伝えておけば、しっかりと設計してくれます。

写真で見る!こんな家に住みたい!スタイルで見る家カタログ