facebook
ナチュラルな家 注文住宅カタログ » ナチュラルな家の自然素材とは

ナチュラルな家の自然素材とは

自然素材とは

自然素材(天然素材)は、人工的な物質を含まない素材の事です。自然素材の家は近年になって徐々に価値が見直され、人気を集めてきています。

その背景には、戦後の日本の状態が挙げられます。急ピッチに家を建てるために、合理化や低コスト化が進み化学物質を含んだ建材が多く使われてきました。その結果、シックハウス症候群や化学物質過敏症などの問題が発生して住む人の健康を脅かすことになったのです。

また、化学塗料や合板に使われる物質に有害なものが含まれており、揮発することで空気を汚染する原因の1つとなり環境問題に関わっていることもわかりました。身体への影響、環境への影響から、自然素材を使った家の価値が見直されているのです。

家づくりに使われる代表的な自然素材

100%自然素材で作られた家を作るのは難しいですが、壁や床、天井など大部分は自然素材を使用できます。こちらの項目では、自然素材での家づくりに欠かせない素材を紹介します。

木は日本の家づくりを行なう上で欠かせない存在です。家の構造材には、ヒノキ・杉・松など圧力や引っ張る力、曲がる力に耐えられる木を使います。

天板や内装には、ナラ・桜・クルミ・栗などの硬くて腐食しにくい木を使用。木材1つとっても性能や効能が異なり、それらを上手く組み合わせて長持ちする家が建てられるのです。

屋根の瓦や壁に使われる土は、漆喰(しっくい)・珪藻土(けいそうど)・聚楽土(じゅらくつち)があります。

漆喰は消石灰を原料とし、糊・砂・紙スサなどを混ぜ合わせ作ります。珪藻土は海底にプランクトンの死がいが積もってできた土です。聚楽土は日本各地で採取できますが、地域によって品質に差があります。

キッチンや玄関、風呂などで使われるのが石です。手入れがしやすく、使い込んでいくうちに味わいが出て来るのが特徴です。

耐火性があり吸湿力や消臭力のある大谷石、コンクリートとの相性がよく耐久性のある白河石、軽くて断熱性・保湿性に優れる抗火石、見た目が美しく耐久性のある御影石などがあります。

自然素材で作られた建材を詳しく見る!

スイス漆喰

アルプス山脈で採取された石灰を使って作られるスイス漆喰は、人の体や地球の環境に優しい漆喰です。スイス漆喰には調湿性があり、適度な水分調整を保てるので年間を通して快適な住環境を実現できます。

スイス漆喰の特徴について詳しく解説しているので、自然素材でこだわりのマイホームを作りたい人はぜひ参考にしてください。

スイス漆喰を詳しくチェック!

写真で見る!こんな家に住みたい!スタイルで見る家カタログ